まがつきの銀髪美少女が、まさかの疫病神でスゴかった!

あくまでじょしとか平仮名で書かれた冠を見ると、一旦漠然と人気バレするのですが、前もってそのまんま鬼神な夫人教え子陣が出てくる行程でした。著者は三浦ゆあんという、これまた印象的な呼び名のミュージシャン氏ですね。それでは入学等級光景から訪れ、そこにはエルフみたいな耳をした学徒がいっぱい掛かるという異条件フレーバーがしまくるランク。佐丹真央と勝手に言い張るツインテール爆発なギャルが出てきて、しかも呼び名そのまんまな魔王の血液を退く奴とか言っちゃっていて痛かっただ。それでも彼氏は延滞なので、スタッフ室でインストラクターに弱く叱られているから萌えました。エラみたいにする美少女が、軽々とコケるとか食い違い萌え以外にありませんよね。必ず、これだったら確かにあくまでじょしというニックネームで通り過ぎる行程だ。こんなにも教師に怒られて半泣きになっている夫人教え子は、本当は必ずや魔王の輩というから笑えました。ますますたっぷりおびえていて、これ心底弱々しいんじゃないのって思ってしまうよ。あんな佐丹真央のお友だちがヴァンパイアにサキュバスというから鬼神だらけですね。そんな真央と同じ課程に何故か他にも魔王ルーシーが現れて、しかもまたもや奥様で、ますますそっちの方が人寄せになったから面白いだ。ええ、どうも真央は、なかなかNGダメな魔王のようですね。こうしたショボい魔王くんで、しかも奥様だったら楽しいのは間違いありません。それでも、ルーシーがどうも裏手の風貌を持っているみたいで、この先のあくまでじょしの開発が楽しみになってきました。